よくある質問:お墓、供養について

Q: 改葬をしたいのですが手順はどうなりますか?

改葬をするに際し以下の手順と手続きが必要になります。

1 最初に改葬先の墓地の確保をして、その墓地の管理者に、永代使用許可書(もしくは受入証明書)を発行して頂きます。

2 現在使用している墓地の管理者に、埋葬証明書(もしくは納骨証明書)を発行して頂きます。

3 既存墓地がある市区町村に「改葬」の申請をします。
  改葬許可申請書に必要事項の記載をして永代使用許可書(もしくは受入証明書)と埋葬証明書(もしくは納骨証明書)を一緒に提出して「改葬許可証」を発行して頂きます。

4 現在使用中の墓地に改葬許可証を提示して、お墓から遺骨を取り出します。遺骨を取り出す時には作業(カロートの蓋の開閉)を石材店の方に依頼して手伝って頂きます。

5 そして遂に新規墓地に改葬許可証を提出して改葬を行います。
納骨作業(カロートの蓋の開閉)を石材店の方に依頼して手伝って頂きます。後は信仰する宗教がありましたら、依頼して法要を執り行います。

最後に使用していた墓地を返却する際には、更地に戻します。その際、墓石の撤去費用等が掛かります。

Q: 永代供養墓とは何ですか?

跡継ぎが無く、墓を建てても管理者がいない人の供養と管理を、代わりにお寺にしてもらえるお墓です。

名称は、永代供養墓以外にも、他の人と一緒の墓あるいは同じ納骨室に安置されることから、合祀墓、合同墓、合葬墓、集合墓、などとも呼ばれています。

またお寺によっては、永代供養塔、永代納骨堂、永代供養廟、永代納骨廟、永遠墓など様々な名称があります。

永代供養墓のメリットは、管理・維持はお寺が行う為、手間・面倒がない事。お寺が永代にわたり責任をもってご供養をしてくれるので安心などがあります。

当社でも永代供養墓のご紹介は出来ますので是非お問い合わせください。

Q: 本位牌には種類があるそうですが?

大きく分けて3つに分類されます。
まずは塗り位牌です。最もポピュラーな位牌で、その形容は漆が塗ってあり、金箔や金粉などでお飾りしてる位牌です。
次に有名なのが、唐木位牌です。黒檀や紫檀から選べ、耐久性に非常に優れ、お手入れが簡単です。
そして回出位牌(くりだしいはい)があります。特徴は台座に箱が付いていて、その箱の中に戒名を記した8~10枚位の札板が入ります。
先祖の位牌が沢山あり、まとめる場合に大変適しています。

Q: 納骨はいつまでに済ませるべきですか?

地域にもよりますが、特に決まりはありません。

菩提寺があり代々のお墓に納骨をする場合には、ご住職と相談して四十九日(しじゅうくにち)を目安に行うことが一般的ですが、地域によってはご火葬後にすぐ納骨を済ませることもあります。

また葬儀の後にお墓を探すのであれば百か日や一周忌を目安に納骨を行っても構いません。


資料請求 リンクバナー0120-04-5839

ライフセレモニートラストが選ばれる理由 リンクバナー