享年と満年齢の違いはなんですか?

享年(又は行年)は生を受けてから今までの生きた年数を、現在一般的に用いる満年齢とは別の数え年で表したものを享年と呼びます。

数え年は満年齢と違い、生まれた年に0才ではなく1才と数え、毎年の元旦ごとに年が増えていく数え方で、誕生日がいつであるかに関係なく国民全員が元旦に1才、年をとる事になります。

享年が数え年なのは、この世に存在した年数を差し、天から享けた(うけた)年数という意味があります。

しかし現在では、一般的な年齢の数え方として、生まれた年を0才とする「満年齢」が広く用いられて慣れていることから、享年も数え年ではなく、満年齢を用いて表す事も多々あります。

カテゴリー:

トップページに戻る