創価学会友人葬で使った白木の位牌は葬儀後どうすればよいのでしょうか?

他の仏式の宗派は戒名や法名がある為、葬儀後に白木の位牌から本位牌(塗り位牌、唐木位牌)や過去帳に開眼供養をして御霊入れして頂きますが、創価学会友人葬の見解は違います。
創価学会の公式な見解は”位牌はもともと中国の儒教の風習を仏教が取り入れたもので、故人の「名札」のようなものですから、拝んだりするものではありません。このような理由からも故人の成仏とはなんら関係のないものです。
葬儀が終われば、しかるべく処分して問題ありません”となっております。実際ご家族がご処分するのは中々難しいと思いますので、施行してもらった葬儀社にお預けするのがよいと思います。

カテゴリー:

トップページに戻る