死亡届の届出人になる親族は、どの範囲の関係まで可能ですか?

日本の民法で定められた「親族」の範囲まで可能です。
具体的には、亡くなられた本人から6親等内の血族、配偶者、3親等内の姻族が「親族」とされています。
なお、これに該当する親族がいない場合には、同居者、家主、家屋管理人、公設所の長、後見人等が死亡届の届出人になることもあります。

カテゴリー:

トップページに戻る