社葬で気をつけるポイントはありますか?

経理事務的な点のほか、来賓者への対応、当日の要員配置など実務的な面でも様々なポイントはありますが、一番重要なことは故人の遺志とご遺族への配慮を大切にすることだと思います。

社葬で行った場合に、ご遺族の方が十分なお別れの時間がなかったと悔やまれないように留意する必要があります。

場合によっては火葬まではご遺族を主体にした密葬にして、49日の前に本葬を社葬(または団体葬)として行う形式をお勧めしております。

カテゴリー:

トップページに戻る