よくある質問:コロナ禍の葬儀について

Q: コロナ禍ではどのような葬儀が増えていますか?

ご葬儀とはいえ、なるべく長い時間人が集まることを避ける必要があるため、ご葬儀でも新しい生活様式に即したスタイルが増えています。

なかでも多くなっているのが、お通夜の式を行わず、葬儀・告別式だけを行う「一日葬」です。

また東京では、近親者が火葬場に直接集まってご火葬だけを行う、最もシンプルなスタイルの「火葬式(または直葬)」も大変多くなっております。
ただし火葬式(または直葬)は、式場を利用しないため、儀式的なことを行わずに火葬のみを行いますので、後で後悔しないように家族間で話し合って決めることをお勧めします。

Q: コロナ禍で参列できない場合にはどうすれば良いですか?

ご親族や友人がお亡くなりになって、ご葬儀に参列したくてもコロナ禍のため参列できないケースが増えています。

ご高齢で基礎疾患をお持ちの方、遠方にお住まいの方、小さなお子様がいる方など様々な事情がある中で、コロナ禍を理由に参列を辞退することは失礼にあたりません。

ご葬儀への参列辞退を決めた場合には、準備の関係上なるべく早くご遺族にその旨を伝え、お香典は参列できる代理の親族へ託すか、現金書留で自宅へ郵送します。

また、参列できない代わりに葬儀場に供花や弔電(電報)を出して、ご遺族へ弔意をお伝えするのも一つの方法です。

Q: コロナ禍のため家族葬で行ったことを知らせる挨拶状はありますか?

はい。ございます。

当社ではコロナ禍のため参列者の人数を極力抑えて家族葬を行ったご遺族様へ、後から関係者へお知らせする案内ハガキをご用意しております。

当社でご葬儀をお手伝いさせていただいたご遺族様には無料で作成しております。

コロナ禍で家族葬を行った後のご挨拶状について

Q: コロナ禍なのでオンライン(リモート)葬儀は可能ですか?

はい。可能です。

当社では、新型コロナウイルス感染拡大防止のために葬儀参列をご遠慮いただかなければならないご親族、ご友人、また海外にいる方などに向けて、専門のスタッフがYouTubeを利用したインターネット中継配信を承っております。

費用は、必要機材や中継スタッフの人件費を含めて税込み33,000円(通夜または告別式の1日)となります。

Q: コロナ禍でも葬儀はできますか?

もちろん可能です。
ご葬儀は他のイベント等と異なり、延期や中止ができないため、その都度ご遺族とご相談を行いながらなるべく規模を縮小し、実施しております。

また、葬儀場や火葬場では、感染状況によって政府や東京都から随時発表される方針やガイドラインに沿って出来る限りの感染対策を講じております。


資料請求 リンクバナー0120-04-5839

ライフセレモニートラストが選ばれる理由 リンクバナー