コロナ禍ではどのような葬儀が増えていますか?

ご葬儀とはいえ、なるべく長い時間人が集まることを避ける必要があるため、ご葬儀でも新しい生活様式に即したスタイルが増えています。

なかでも多くなっているのが、お通夜の式を行わず、葬儀・告別式だけを行う「一日葬」です。

また東京では、近親者が火葬場に直接集まってご火葬だけを行う、最もシンプルなスタイルの「火葬式(または直葬)」も大変多くなっております。
ただし火葬式(または直葬)は、式場を利用しないため、儀式的なことを行わずに火葬のみを行いますので、後で後悔しないように家族間で話し合って決めることをお勧めします。

カテゴリー:

トップページに戻る