仏教葬の流れ

一般的なお通夜の流れ

ご遺族・ご親族が式場にご到着・準備

  • ・お参り後に控室にご案内
  • ・式前の打合せ及び確認

受付開始・弔問者が順次ご到着

  • ・遠方のご親戚や会葬者が到着
  • ・会葬者が順次 記帳・受付け

導師様(ご住職)がご到着

  • ・導師へのご挨拶
  • ・式についての打合せ

ご親族、弔問者が式場にご着席

  • ・ご遺族より順次ご着席
  • ・会葬者を一般席へご案内

導師入場・通夜開式

  • ・読経開始
  • ・ご遺族より順次ご焼香
  • ・弔問者のご焼香
  • ・会葬者はその後ご会食(お清め)

ご親族がご会食(通夜振舞い)

ご解散

  • ・お参り後に解散
  • ・宿泊の確認

※式場により宿泊ができないこともあります。

*

開式の1時間前よりご会葬者の受付が開始

*

導師が式場にご到着後、スタッフが控室へご案内します。

*

導師が入場して通夜開式となります。

*

喪主様、ご親族から順でお焼香をいただきます

*

閉式後、故人様を偲びながらご会食となります

一般的な告別式の流れ

ご遺族・ご親族が式場にご到着・準備

  • ・お参り後に控室にご案内
  • ・式前の打合せ及び確認

受付開始・弔問者が順次ご到着

  • ・遠方のご親戚や会葬者が到着
  • ・会葬者が順次 記帳・受付け

導師様(ご住職)がご到着

  • ・導師へのご挨拶
  • ・式についての打合せ

ご親族、弔問者が式場にご着席

  • ・ご遺族より順次ご着席

導師入場・葬儀 告別式開式

  • ・葬儀読経 開始
  • ・ご遺族より順次ご焼香
  • ・初七日法要

上記は宗派や導師の作法により異なります

導師退場・閉式

  • ・弔電紹介
  • ・閉式の辞

故人様とのお別れの儀

  • ・愛用品の奉納・柩へ献花

※式場により宿泊ができないこともあります。

出棺前のご挨拶

火葬場へご出棺

  • ・お柩は霊柩車にご安置
  • ・ご親族はバスなどで随行
*

導師が入場し読経開始後、ご遺族よりご焼香

*

読経終了後にスタッフがお飾りした生花を摘み、お柩に献花をする準備をいたします

*

たくさんの生花と、ご愛用の品をお柩に納めます

*

ご出棺前にご遺族の代表者よりご参列の方々へ御礼のご挨拶をいただきます。

*

生前お世話になった方々の手によりお柩を霊柩車へご安置いただき火葬場へご出棺。

仏教葬についてのよくあるご質問

お通夜では親族が寝ずにお線香の見守りをしなくてはいけませんか?

地域のしきたりや考え方により違いはありますが、当社では無理に行うことはお勧めいたしません。
ご心労が絶えないご遺族にとって心身ともに大変なご負担となり、翌日の葬儀に体調を崩される方もいらっしゃいます。
しっかりとお休みいただくことも、葬儀を無事に行うための大切なポイントとお考えいただきご家族でご相談ください。
また近年では消防法や式場の設備の関係上、夜間にローソクやお線香を使用できない斎場も多くありますので事前の確認が必要となります。

逝去後に菩提寺の住職へ連絡するのは、いつが良いでしょうか?

病院や施設でご逝去された場合には、自宅などに故人様を搬送し、お布団へご安置した後なるべく早めに連絡することをお勧めします。
場合によっては、すぐに枕経をあげに自宅へ来てくださることもあります。
また、お寺様へ連絡する際には希望の葬儀式場や日程も合わせてお伝えするとスムーズです。

菩提寺の住職のことを何とお呼びするのが正しいのでしょうか?

一般的には「○○寺さま」もしくは「ご住職」とお呼びします。またご高齢の僧侶に敬意をはらい「老師さま」「御前さま」とお呼びする寺院もあります。

地域や、その寺院によって呼称が違いますので、詳しくはご住職または檀家の役員様にお聞きするのが良いと思います。

なお曹洞宗や臨済宗では「方丈さま」、日蓮宗では「お上人」とお呼びすることもあり、各宗派によっても違いがあります。

仏教葬についてのその他のご質問はこちら


資料請求 リンクバナー0120-04-5839

ライフセレモニートラストが選ばれる理由 リンクバナー